矢部川流域プロジェクト

矢部川ブランド「メイドインちっご」

NPO法人設立趣旨

NPO法人 矢部川流域プロジェクトをつくった理由

 

NPO法人矢部川流域プロジェクト設立.jpg

 

 

 私共では平成10年より、環境に優先した家づくりに着手し、地産地消の建築資材開発に取り組みました。平成17年からは全面的に矢部川流域で生産製造された自然素材を住宅用の資材として使用してきました。その結果以下のような様々なより良い効果、貢献を確認出来ました。

 

1.シックハウス対策
2.アレルギー対策
3.化学物質過敏症対策
4.CO2削減に貢献(地産地消)
5.環境保全と健康維持増進
6.一次産業及び伝統産業の発展・継承
7.古き良き時代の再現
8.地域経済と雇用創出に貢献
  yabe.jpg
 私共ではこの優れた地域の資材や素材を広く、消費者の方々や地元業界の方々に認知し使用して頂くことが地域の発展と環境や健康の維持、保全につながると確信しその活動母体としてNPO法人を設立いたしました。
 

 


より大きな地図で (有)イシナガ建築工房 を表示